永年無料 クレジットカードの杜〜年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込みお得なクレジットカード活用法>クレジットカードを多く持ちすぎるデメリット

お得なクレジットカード活用法
クレジットカードを多く持ちすぎるデメリット


 このサイトで紹介しているクレジットカードは、全て維持費がかからない永年年会費無料のクレジットカードです。維持費がかからないのだから、複数のクレジットカードをつくりたくなる方もいると思いますが、クレジットカードを多くつくりすぎるデメリットについて話したいとおもいます。


 1.管理の手間がかかる
 クレジットカードを複数枚持てば、1ヵ月に引落日が複数回やってきます。1ヵ月にあまりに頻繁に引落がくると口座の残高の確認などが大変です。引落しが1回にまとめられるというクレジットカードの魅力もなくなってしまいます。
 また、財布を落とした時には、持っているクレジットカードのクレジットカード会社全てに連絡を入れなけらばなりません。いくつかのクレジットカードを自宅にしまっておいても、それはそれで普段使わないので、失くしても気づきにくいというリスクがあります。クレジットカードを多く持っていると、どうしても管理がおろそかになり、不正利用されても気づきにくくなってしまいます。


 2.与信枠圧迫
 クレジットカード会社などの金融機関は、その人の年収などの信用状態をもとにクレジットカードやローンサービスの審査をしています。クレジットカードを複数枚もっているとそれだけ、使える与信枠(ショッピング枠・キャッシング枠)が増えます。新たにクレジットカードをつくる時や他のローンサービス(銀行のカードローン、住宅ローン、教育ローンなど)を利用する時に、その金融機関がその人の信用状態に対して他社の与信枠が多いと判断すると、利用を断られたり与信枠が減額されてしまいます。
 クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠があれば、すぐに利用できるので金融機関もそれを考慮のうえで与信枠を決定します。


 最初は1〜2枚のクレジットカードをまずつくり試してみて、他のクレジットカードもやはり欲しいと思ったら申し込むのがいいと思います。




お得なクレジットカード活用法タイトル一覧

永年無料 クレジットカードの杜挨拶
永年無料 クレジットカードの杜サイトコンセプト

 ━クレジットカードの知識━
クレジットカードとは?
クレジットカードの選び方
クレジットカードの入会審査について
フリーター・派遣社員(非正規雇用)でもクレジットカード審査は通るのか?
クレジットカード会社は、なぜ年会費無料のクレジットカードを発行するのか?
なぜ、クレジットカードにはいくつものロゴ(会社名)が書かれているのか?
国際ブランドは何を選ぶべきか?

 ━クレジットカードお得な利用法━
クレジットカード海外旅行利用-お得編
クレジットカード海外旅行利用-保障編
クレジットカード国内旅行利用
ショッピング保険付き永年無料クレジットカード比較

 ━クレジットカードとトラブル━
クレジットカードを持つリスク
クレジットカードを持つ見えない小さなリスク
オンラインショッピングでのクレジットカードの安全性について
・クレジットカードを多く持ちすぎるデメリット

永年無料 クレジットカードの杜トップお得なクレジットカード活用法>クレジットカードを多く持ちすぎるデメリット