永年無料 クレジットカードの杜〜年会費無料のお得なクレジットカードを紹介・申込み携帯電話・プロバイダーカード>電話番号ポータビリティ(MNP)ができる格安スマホサービス比較


電話番号ポータビリティ(MNP)ができる格安スマホサービス比較

 携帯電話の高い料金から抜け出したい人に乗り換えお勧めの格安MVNOスマホサービスを紹介します。
 ここで紹介する格安スマホサービスをに乗り換えでれば、毎月の携帯電話料金が非常に安くなります。

 安いとなるとサービスの品質が心配になるかもしれませんが、下記のサービスはドコモやauの回線を各サービス提供会社が借りて行っているサービスなので通話などの品質は全く問題ありません。
 そのうえ電話番号ポータビリティ(MNP)にも対応しているので、今使っている電話番号をそのまま使うことができます。

 ※各携帯電話会社のメールアドレス(@docomo.ne.jp など)は使えません。

■電話番号ポータビリティ(MNP)ができる格安スマホサービス比較     

※掲載情報には気をつけておりますが申し込み前に必ず各サービス提供会社のサイトで内容をご確認のうえお申込みください。
※料金は全て税込表示です。サービス提供会社によってはサイトで税抜表示をしているため金額表示が異なっている場合がございます。
※各社の低価格プランを比較しています。各社このほかにも様々なプランを用意しています。


サービス名
NifMo
音声通話対応
3GBタイプ
So-net モバイル LTE +Talk S2 みおふぉん
音声通話SIM
ミニマムスタートプラン
DMM
通話SIMプラン
3GB
UQ mobile
音声通話プラン
2GBプラン
サービス提供会社 ニフティ(富士通グループ) ソネット(ソニーグループ) IIJ DMM KDDI
バリューイネイブラー
ロゴ Nifmo(ニフモ) So-net モバイル LTE +Talk S2 みおふぉん 音声通話SIM ミニマムスタートプラン DMM mobile UQ mobile
解説  他と遜色ないスペックなのに月額料金が安い!
 しかも無料で公衆Wi-Fiサービスが付いていてお得!!
 人気の『ASUS ZenFone 2』セットモデルもあり。キャッシュバック5,000円+機器セット割・200円割引/月×24ヶ月があるのでトータルで安い。

 
 低価格な月額料金帯でありながら高速通信制限1.5GB・制限後の通信速度300kbpsとサービス内容が充実しており使い勝手で他より一つ上をいく格安スマホサービスです。  低価格SIMカードサービスで定評のあるIIJの音声通話機能付きサービスです。
 通信制限後も、通信がはじまってから最初の3秒は通信制限がかからないバースト転送を採用しているため、体感での使い心地はかなりいいです。
 DMMブランドで提供されているサービスですが、裏側で回線を管理しているのはIIJなので回線品質は高いです。
 IIJブランドより割安なので、こだわりがなければこちらのほうがおうすめです。
 KDDIグループの格安SIMサービスです。
auの回線を使っているのでauの端末が使えます。
auの中古スマートフォンは、ドコモよりかなり割安なのでいい端末を見つければかなりお得になります。
また「着信通知リクエストサービス」など無料オプションが充実しているのが嬉しい。
回線提供元 ドコモ ドコモ ドコモ ドコモ au
初期費用 3,240円 3,240円 3,240円 3,240円 3,240円
月額
1,728円 2,042円 2,052円 1,674円 1,815円
通話料(国内) 21.6円/30秒 21.6円/30秒 21.6円/30秒 21.6円/30秒 21.6円/30秒
高速通信容量制限
(月)
3GB 1.5GB 3GB
※翌月まで繰り越し可
3GB
※翌月まで繰り越し可
2GB
通信速度
(通信容量制限内)
受信最大150Mbps
送信最大50Mbps
受信最大150Mbps
送信最大50Mbps
受信最大150Mbps
送信最大50Mbps
受信最大150Mbps
送信最大50Mbps
受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
通信速度
(通信容量制限外)
200kbps 300kbps 200kbps 200kbps 200kbps
最低利用期間 6ヶ月 1年 1年 1年 1年
解約金
(最低利用期間中解約)
8,640円 5,400円 最大12,960円 9,720円 10,260円
注目の
無料オプション
・BBモバイルポイント(公衆Wi-Fiサービス) ・カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ
・高速・低速切り換えアプリ
・バースト転送
・バースト転送 ・番号通知リクエストサービス
・着信転送サービス
・割込通話サービス
サービス名 NifMo
音声通話対応
3GBタイプ
So-net モバイル LTE +Talk S2 みおふぉん
音声通話SIM
ミニマムスタートプラン
DMM
通話SIMプラン
3GB
UQ mobile
音声通話プラン
2GBプラン


■スマートフォン端末入手方法
 上記の格安スマホサービスで使うスマートフォン端末の入手方法は主に下記の3つになります。

1.現在使っているスマートフォンをそのまま使う。
2.中古スマートフォン(白ロム)を買う。
3.端末セットプランで申し込む。
4.新品のSIMフリースマートフォンを買う。


 1と2で気を付けなければいけないのが、各携帯電話会社では自社回線以外で使えないようにSIMロックをかけていることです。
 回線提供元が同じであればそのまま使うことができます。
 (例:ドコモで使っていたスマートフォンは「So-net モバイル LTE +Talk S2」で使うことができます。
    auで使っていたスマートフォンは「UQ mobile」で使うことができます。)

 Amazonなどで、SIMスマートフォンや中古スマートフォン(白ロム)が販売されています。

amazon.co.jp - スマートフォン本体




■携帯電話番号ポータビリティ(MNP)のやり方
 今の携帯電話会社からの電話番号の移動方法は、各サービスのサイトに掲載されています。
 基本的なやり方はどこでも同じで簡単です。

MNP(携帯電話番号ポータビリティー)転入 − So-net モバイル LTE


  また、MNP申し込み前に以下のものを用意しておきましょう。

 ・本人確認書類
 ネット申し込みの場合、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類のデータをアップロードする必要があります。
 スマートフォン・デジカメで写真を撮るか、スキャナーでスキャンしましょう。

 ・MNP予約番号
 今使っている携帯電話会社からMNP予約番号と呼ばれる10桁の番号を発行してもらう必要があります。
 ネットで申請するのが簡単です。取得方法は各携帯電話会社サイトでご確認ください。

NTTドコモ au ソフトバンク



■通話料が安くなる『楽天でんわ』
 上記のサービスは基本料金が格段に安くなりますが、無料通話がついていないのがデメリットです。
 ある程度通話サービスを使う人は、『楽天でんわ』をつかうと10.8円/分と通話料が半額になるのでお得です。
 もちろんキャリアのまま使う場合でもお得です。

 050IP電話と違い普通の携帯電話と同じ仕組みで通話するので音質は問題ありません。

 楽天でんわ


このエントリーをはてなブックマークに追加


永年無料 クレジットカードの杜トップ携帯電話・プロバイダーカード>電話番号ポータビリティ(MNP)ができる格安スマホサービス比較